せどり 保証書

今回の記事は、Amazonせどりの保証書の取り扱いについて解説します。

 

これから転売するに当たって、保証書はどうしたらいいかわからない人もいるかと思いますが、保証書にスタンプ押されても、この記事を読めば安心して、Amazonで販売出来るようになると思います。

保証書のスタンプが無記入の場合

店舗で商品を購入して、保証書が無記入の場合は、そのまま商品と保証書を一緒に送っても大丈夫になります。

 

万が一、商品の不具合が発生した場合は、購入日からメーカーが定める期間であれば、メーカー保証で修理対象を受けることが可能になります。

 

この時の保証期間は、購入者がAmazonで商品を購入した日になりますので、出品セラーが店舗で仕入れた日ではありません。

 

購入者は、保証書とAmazonで購入した納品書をメーカーに提出することで修理を依頼することが出来ます。

*メーカーによっては、それでは対応してくれない場所もあるかもしれませんが、だいたいの大手メーカーは、この対応でいけてます。

 

それと、基本的に修理依頼のメッセージなどがセラーに来ることは、ほぼほぼありませんので、副業せどらーは、あまり対応する機会もないかもしれません。

店舗で保証書にスタンプを押された場合

店舗によっては、保証書に購入日を記載された店舗のスタンプを押されてしまうことがあります。

 

保証書のスタンプを押さないで欲しいと断れる場合もありますが、店舗によっては店で決まっていることだからと押されることもあります。

 

その場合の対応方法は、コンディション説明欄に「保証書に販売証明印記載があり、メーカー保証は、いついつまでになります」などと記載するといいでしょう。

 

ただ、この場合新品未使用品であっても、メーカーの保証がその日から始まってしまうため、「ほぼ新品」で出品することになります。

 

あるノウハウを使えば、新品出品することも出来るようになりますが、機密性が高い内容のため、誰でも見れるブログでの掲載は控えておきます。

保証書の取り扱いまとめ

保証書が無記入の場合は、そのまま商品と保証書を納品するので問題はありません。

 

保証書に記入された場合のみ、出品コンディション見直しと、説明欄の記入をすることが大事になります。

P.S.せどりコンサル生からの報告

せどり

ネットビジネスを始めると、初めの目標として月10万円稼ぎたいっていうのは、一つの大台の目標になるかと思います。

 

それを達成されまして、報告して頂くことが出来ましたので、自分も嬉しく思います。

せどりコンサル

ネットで色々情報を見ていると、めちゃくちゃ稼いでいる人は、沢山おられますが、再現性が乏しい情報も結構あったりします。

 

お金貰っている以上、包み隠さず知ってるノウハウは、提供していってます。知らないことは、知らないともちゃんと答えますけどね!

お問い合わせはこちらから

LINEで直接一対一でやり取りが出来ます。

今だけ、LINE@友達追加だけで有料級情報プレゼント
・インターネットを使って1万円以上稼ぐマニュアル
・ドン・キホーテ仕入れマニュアル
・電脳せどりの仕入れが出来る仕入れ先を77サイトをプレゼント
・税理士監修!せどり節税、確定申告マニュアル
・ほとんどのせどらーが知らないけど、Amazon販売で必ず設定しておきたい初期設定

その他、LINE@シークレット特典もあります