初回系ヘルビ商標権侵害商品の見分け方について解説します

商標権侵害とは、登録商標を使用する正当な権利や理由のない者が

業として、登録商標を登録されている指定商品や指定役務について使用する行為をいいます。

 

そのため初回系のヘルビ商品を出品していると

メーカーから販売の警告のメッセージが来る場合があります。

 

 

このメッセージを放置してたりすると

アカウント停止になる可能性もあるため

注意する必要性があります。

 

 

今回は、そういった商品の見分け方をお伝えします。

すっきりフルーツ青汁

初回ヘルビ

例えば、この商品な630税抜で手に入ります。

モノレート

モノレートを確認してみても、現在の価格が4400円で

利益計算してみても、2871円の利益が出そうです。

せどり

通常なら、仕入れ対象になる商品ですが

この商品は、商標権侵害でメッセージが来る商品になります。

商標権侵害の商品の見分け方について

さっきのは、3カ月のモノレートでしたが

全期間でモノレートを確認しました。

せどり
すると、12月頃に一気に出品者が減っていることがわかります。

 

 

これだけ一気に出品者数が減るのが

商標権侵害の警告が来る商品に目印になるので

こういった商品を見つけた場合は

販売しないことをオススメします。

商標権の確認について

他には、商標権を獲得しているかを確認する方法があります。

 

 

「商標権を探す」を選択、検索したいブランドを検索します。

ヘルビ 商標権

すると3件ヒットしました。

 

それで、「一覧表示」を選択し確認してみると

商標を獲得していることがわかりました。

商標

商標を獲得していても、警告が来ない

メーカーもありますが、そういった場合はモノレートの波を確認してみてください。

 

商標確認サイトはこちら

公式ショップがAmazonで出品している商品も注意

例えば、こういった商品になります。

せどり

新品の出品を確認してみると「公式販売店のショップ」が存在します。

公式ショップ

こういった商品は、ショップから警告のメッセージが来る可能性が非常に高いです。

 

モノレートの出品者の増減も変な形してますので、こちらも注意が来る可能性が高い商品ですね。

せどり

商標権侵害商品まとめ

基本的には、モノレートの価格の動きや出品者数を確認すればわかりやすいです。

 

 

通常のモノレートの場合は、このような感じで緩やかに増減することが多いです。

せどり

知的財産権、商標権侵害の出品取り下げの対応について

万が一、メーカーより連絡が来た場合は

すぐに販売を停止することによって

アカウント停止などは避けることが出来ます。

 

やり方は、「セラーセントラルの在庫管理」から

メッセージが来た商品を削除して、返送するだけで大丈夫です。

 

 

その後、出品していた商品を取り下げて、今後Amazonで販売しないという

メッセージを返信すれば、基本的には大丈夫です。

 

 

ただ、これを無視して販売し続けたり

再度販売すると、アカウント閉鎖などの

リスクが高まるので辞めて置いたほうがいいでしょう。

 

 

初回系ヘルビの商品は、高回転で安く仕入れが出来るので

簡単に利益が取れやすいですが、こういったデメリットの部分もありますので

警告が来る商品を売り抜く方法裏技とか

更に大きく利益を取る方法もあったりしますが

これをメインで稼ぐことは、あまりオススメしてません。

 

 

普通のせどりなら、いちいち手間かかることもないので

通常のせどりで長く稼いでいく方がいいですよ。

お問い合わせはこちらから

LINEで直接一対一でやり取りが出来ます。

今だけ、LINE@友達追加で
・インターネットを使って1万円以上稼ぐマニュアル
・ドン・キホーテ仕入れマニュアル
・電脳せどりの仕入れが出来る仕入れ先を77サイトをプレゼント
その他、LINE@シークレット特典もあります