モノレートがアクセスできない時や重い時の対処方法

せどりをするには、「モノレート」は

かなり利用するサイトの一つです。

 

 

「モノレート」があるからこそ

商品の仕入れを運任せにせず

過去のデータを見て仕入れのリスクを

減らすことが出来ます。

 

 

現状では、せどりで「モノレート」は

必須サイトなので、「モノレート」の見方が

わかってない方は、まずマスターしないといけなかったりもします。

 

 

今回は、その「モノレート」に

アクセスできない時や重たい時の

対処方法として、別の方法をお伝えします。

Keepaを利用する

このグーグルクロームの拡張機能は

Amazon刈り取りでよく使われるツールですが

ある程度の売れ行きとかの判断に利用することが出来ます。

 

 

https://goo.gl/Aboncp

keepaを導入すると、Amazonの商品ページの下の部分に

この様なグラフが表示されるようになります。

keepa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

波形が波売っている場合

商品が売れたと判断することが出来ます。

 

 

 

「モノレート」よりは、わかりにくい部分はありますが

「モノレート」が使えない時は、かなり役に立つので

表示が遅いと感じる時は、どんどん利用するようにしてみてください。

ツールは、いつ使えなくなるかわからない

輸出セラーなら、知ってる人が多い

「モノレート」USは、閉鎖されたこともあり

日本の「モノレート」も閉鎖される可能性は0ではないです。

 

 

 

「モノレート」がなくなったら

仕入れが出来ないっていう状況になるのはまずいので

keepaからだけでもある程度判断出来るように

普段から、リサーチするようにしていってみてください。

 

 

 

ちなみに、昔は「プライスチェック」という

「モノレート」に似たような機能があった

サイトも閉鎖されてます。

 

 

その時の記事は、こちらです。

プライスチェック閉鎖に終了に伴い、今後モノレートはどうなるか?

ちなみに、今なら「モノレート」がなくなっても

少し仕入れ判断に時間は、かかるようになるかもしれませんが

仕入れが出来ないっていうことにはならない自信はあります。

お問い合わせはこちらから

LINEで直接一対一でやり取りが出来ます。

今だけ、LINE@友達追加で
・インターネットを使って1万円以上稼ぐマニュアル
・ドン・キホーテ仕入れマニュアル
・電脳せどりの仕入れが出来る仕入れ先を77サイトをプレゼント
その他、LINE@シークレット特典もあります