お問い合わせはこちらから

LINE@友達追加でAmazonカテゴリー申請マニュアルをプレゼント
電脳せどりの仕入れ先ショップを77サイトを教えます。
LINE@シークレット特典もあります


店舗せどりをはじめるなら

バーコードリーダーは、持っておいた方がいいと思っています。

 

 

 

勿論スマホだけで、バーコードリーダーがなくても

仕入れすることは、出来ますがあったほうが効率的に

商品をリサーチしていくことが出来ます。

 

商品リサーチは、効率的にしましょう

とりあえず、単純にですが

「ビームを使用して、一時間に300検索するか」

「手打ちかカメラで一時間に100検索する」

比較すると3時間やると900と300の検索の差が出てしまいました。

 

 

 

検索数でいうと、3時間の間だけでも600の差があります。

 

 

 

 

検索数が多いってことは

利益商品も出てくる確率は増えてきます。

 

 

 

もっと時間が長くなれば、もっと差が出てきまし

日にちが立つにつれ、その差も大きくなっていきます。

 

 

 

バーコードリーダーは、必要ないっていう方もいるとは思いますが

持っていれば、使う使わないの選択をすることが出来ますし

 

 

 

 

絶対にあったほうが効率よくリサーチすることが出来ます。

 

 

 

リサーチ時間を短縮するということは

より利益を得ることがしやすくなります。

ビームせどりのバーコードリーダー

バーコードリーダーは、いくつかありますので紹介します。

・MS910

・KDC200

・KDC200i

20151231042929

主には、この3点になります。

 

 

 

おすすめは、KDC200かKDC200iのどっちかです。

 

 

上に記載したバーコードリーダーは

全て自分でも使用してきましたが

MS910は、安いだけあって

全く役に立ちませんでした。

 

 

 

これを使用するぐらいなら

スマホのカメラの方が読み取り早いぐらいに役に立ちません。

 

 

 

ですので、安いからといって

MS910は購入しないようにしてくださいね。

 

 

 

買うなら

KDC200かKDC200iのどっちかです。

 

 

 

ちなみに両方使ってますが

使用感は、ほとんどどっちも変わらない感じなので

どっちを購入しても問題ないです。

 

 

 

ちなみに、MS910は

持っていても使うことは一切ないと思ったので売りましたw

ビームせどりが禁止の店舗について

たまにですが、店舗に行くと

バーコードリーダーを使用禁止の張り紙がある店舗があります。

 

 

 

これは、以前と比べてせどりをするようになった人が増えて

端から端まで、ビームでスキャンして行く人がいて

お客さんに迷惑をかけていたことが原因かもしれません。

 

 

 

こういった張り紙がされている店舗では

ビームせどりはせずに普通にせどりをすることをオススメします。

 

 

 

また、ビームせどり禁止と書かれていなくても

明らかに迷惑になるような、ビームせどりは

しないようにしていきましょう。

 

 

 

端から端までめちゃくちゃ

スキャンしまくるようなことが

なければ大丈夫でしょう。

ビームせどりで店員の目が気になる件について

バーコードリーダーを使用する場合

店の人の目が気になる方が多数おられるみたいですが

これに関しては、やってれば慣れていきます。

 

 

 

というか、KDC200でスキャンしてれば

そんなに大きく目立つことはありません。

 

 

 

安いMS910でスキャンしていると

読み取りにかなり時間がかかってしまうため

こっちの方が気になってしまいますね。

 

 

 

それほど、KDC200は

スマートにバーコードをスキャンすることが出来ます。

 

 

今では、バーコードリーダーがない時は

あまりせどりしたくないぐらいですね。

 

 

 

勿論、バーコードリーダーがなくても

せどりすることは出来ますが

あったほうが効率的に商品検索することが出来るので

面倒だなって思ってしまうだけですね。

ビームせどりは、ちょっとした自己投資

バーコードリーダーは、仕事道具の一つです。

 

 

 

スマホもですが、処理が遅い

昔のスマホを使用してると

時間がかかって仕方がありません。

 

 

 

使用している道具で

時間がかかっていては

全く意味がありませんので

まずは、しっかりとした仕事道具を準備しましょう。

 

 

スマホは、使っていて

やたら処理が遅いと感じない限りは

無理に変更する必要はないです。

せどりアプリについて

ビームせどりで使うアプリですが

iphoneなら無料で使える「アマコード」がいいです。

 

 

 

有料なら、月額費5000円ほど

かかるせどりすとプレミアムがおすすめです。

 

 

 

出来ればせどりすとプレミアムをおすすめしますが

はじめは、アマコードでも問題ありません。

 

 

 

 

アンドロイドの場合は、無料で使用できる

「せどろいど」がオススメです。

 

 

 

他にもいろいろとせどりで使えるアプリは

ありますが、どれも出来ることはそんな変わりませんので

今回紹介したやつのみを使用してもらえれば問題ありません。

 

 

 

もっといいのないかとか調べる必要はないです。

 

 

 

そんなの調べても時間の無駄ですので

iphoneなら アマコードorせどりすとプレミアム

アンドロイドなら せどろいど

だけでいいです。

 

 

 

このアプリを使って

沢山商品を調べる方が一大事です。

ビームせどりのまとめ

・KDC200かKDC200iを購入する

・バーコードリーダーは、あったほうがより効率的よくリサーチ出来る

・せどりアプリは、アマコード、せどりすとプレミアム、せどろいどだけで十分

 

 

要点は、こんな感じです。

 

 

バーコードリーダーを使用してない方は

手に入れてどんどん商品をリサーチしていってください。

 

「ドラッグストア」+「食品せどり」ノウハウ