お問い合わせはこちらから

LINE@友達追加でAmazonカテゴリー申請マニュアルをプレゼント
電脳せどりの仕入れ先ショップを77サイトを教えます。
LINE@シークレット特典もあります


食品せどりとは

食品をAmazonで出品するためには

カテゴリー申請の許可を通ってる必要性があります。

 

 

そのため、誰でも出品が出来るというジャンルではないため

ライバルが比較的に少ないジャンルになります。

 

 

食品せどりは、まだまだやってる方や

情報自体もそんなに出ていないため

今回の記事でしっかり記載していきますので

是非、参考にしてください。

 

 

食品せどりは、カテゴリー許可が必須で

期限があって販売方法も他に比べると手間がかかり

覚えないといけない部分がありますが

その分、ライバルが少ないので挑戦してください。

食品せどりのメリット・デメリットについて

どのジャンルを取り扱いしても

メリット・デメリットはあります。

 

 

具体的に解説していきます。

メリット

まずは、食品せどりのメリットからです。

・大量仕入れがしやすい

食品は、一つ仕入れが出来る商品を見つけると

1商品で大量に仕入れすることが可能です。

 

 

また、商品が売れたら同じ商品を何度も仕入れする可能性が高いです。

・仕入れ店舗は多数

食品は、色んな店舗で売ってます。

 

 

近所のスーパーやコンビニでも仕入れ対象になる店舗があります。

 

 

食品せどりも店舗からだけでなく

電脳せどりも出来るため、どこからでも仕入れが出来ます。

・低単価商品が多い

食品せどりで、取り扱いが多い商品は

基本的に低単価の商品が多いです。

 

”薄利多売”で高回転で商品が売れていきます。

 

低単価商品で稼ぐことが出来るため

あまり資金がない方でも挑戦しやすいジャンルです。

・最悪食べることも出来る

せどりをしてれば、仕入れる時は利益が出てても

販売する時になったら、価格競争になって

どんどん販売価格が下がって利益がなくなったり

赤字になることもあります。

 

他の商品では、赤字でも売り切るしかないですが

食品の場合は、自分で食べることも出来ます。

 

 

これは、出来れば避けたいことですけどねw

 

 

また、色んな食品を知ることが出来るので

グルメにもなれますね。

・リピート販売がしやすい

”薄利多売”が多いジャンルとはなりますが

食品せどりは、リピート販売がしやすいジャンルです。

 

 

一度、利益が出る商品を見つければ

何度も販売しやすいため、お宝探しのせどりから抜け出して

ただ”リピート出来る商品リスト”を構築するだけの作業になります。

・返品されることがほぼない

Amazonの規約上、食品は”お客様都合による返品・交換が出来ない”ようになってます。

 

 

他のジャンルと比べると、返品やクレームも少ないジャンルになり

新品商品を開封されて返品されて、赤字になるようなダメージもないので

”返品リスク”が少ないジャンルのため気軽に出来るジャンルです。

デメリットについて

メリットもあれば、デメリットがあります。

 

これも解説しておきます。

・カテゴリー申請の許可が必要

Amazonで出品するには、ここが一番の難関といってもいいです。

 

 

出品許可を取るには、卸業者からの”請求書”が必要になってくるため

サクッと簡単に用意するのは、ちょっと難しく手間がかかることになります。

 

 

でも、カテゴリー申請は一度許可を取ってしまえば

今後ずっと出品することが出来ますので

はじめのハードルさえ達成すれば、比較的ライバルが少ない

ジャンルへ挑戦することが出来るようになります。

・消費期限の管理

商品を購入するときは、常に消費期限を気にして購入していかないといけません。

 

 

また、消費期限が短くなってくると返送か破棄をしないといけなかったりします。

 

 

FBA納品も消費期限を入力して納品しないといけないため

少しだけ手間がかかります。

 

 

中古せどりと比べたら、そんなに手間がかかるわけではないので

難しいことではありません。

・薄利多売

食品せどりは、一撃1万円とかいう大きな利益を得ることが

出来るジャンルではありません。

 

 

回転率がいいものが多いため、1つ200、300円といった利益を

沢山積み上げていくことが多いため一撃の利益はたいしたことはないです。

 

 

ただ、食品は”まとめ買い”されることが多いジャンルのため

一つ当たりの利益率が少なかったとしても、まとめ買いされることで

一気に利益率が30、40%に上がることも結構多いジャンルです。

 

 

ですので、薄利多売だからといって馬鹿になりませんよ。

 

 

薄利多売のため、商品の納品の手間がかかります。

食品せどりのカテゴリー申請の許可取得方法

これに関しては、記載すると結構長くなることですので

別途違う所で解説します。

 

 

これに関しては、LINE@登録特典として

配布してますので、登録お願いします。

要期限管理出品許可申請の取得

食品を出品するためには、”要期限管理商品の許可”を取る必要もあります。

 

 

これは、はじめにあった食品せどりのカテゴリー申請の許可ではなく

FBA倉庫に消費期限がある商品を納品するためには

”要期限管理商品の許可”が必要になります。

 

 

この許可がないと、食品以外でも

消費期限がある商品をFBA納品することが出来ないため

許可を取ってください。

 

 

これに関しては、カテゴリー申請の許可を通すよりは

全然難しくないことなんで、通ってない方はこの記事を参考にして

すぐに許可を通してしまいましょう。

要期限管理出品許可を取るために

・大口出品者のみ

・オンライン上の解説動画の受講

・動画を受講後テストに合格

 

 

詳しくは、Amazonが提供している

要期限管理商品FBA実践マニュアルを見てください。

 

 

 

これを読んでもらって、やってもらえば

出品許可を取得することが出来ます。

*テストの答えに関しては、記載してしまっては

ご自身で納品する時に困ってしまうため、テストの答えは記載しません。

これでようやく食品が出品出来るように

ここまでして、ようやくAmazonで食品を出品することが出来るようになりました。

 

 

こうやって見ると、食品を販売するためには

いくつかのハードルがありますよね。

 

 

食品を出品するだけでも

・申請許可

・要期限管理商品の許可

・大口出品者のみ

といった感じで3つほどのハードルがあります。

 

 

こういったハードルがあるお陰で

他のジャンルと比べて、ライバルが少なくなり

誰でも出品出来るジャンルよりと違い

比較的に価格競争に巻き込まれにくいジャンルです。

 

 

 

ちなみに、消費期限切れの商品をFBAに納品するのは

やってはいけないことですので、絶対にしないようにしてくださいね。

 

 

 

やってしまうと

2度と要期限管理商品のFBA納品が出来なくなってしまいます

食品せどり取り扱い注意商品

食品せどりでは、いくつか取り扱いに注意しないといけない

商品があるのでいくつか例を挙げて紹介します。

要冷蔵商品

FBA納品をする場合は、「常温で保管出来る商品」のみとなります。

・「18度以下で保存」など具体的な温度指定がある

・要冷蔵・要冷凍

以外の商品であること、これに関しては商品に記載されてますので

仕入れするときには、しっかり注意して仕入れするようにしていきましょう。

 

 

 

ちなみに、FBA納品は出来ませんが

自己発送でしたら、Amazonで販売することは可能です。

 

 

 

クール宅急便などを利用すれば

販売出来ますので、利益を上げることが出来る商品もあります。

温度の影響を受けやすい商品

具体的な温度指定、要冷蔵、要冷凍の記載がない場合でも

FBA 納品できない商品があります。

 

 

 

具体的には

・チョコレート

・味噌

などの、温度の影響を受けやすい商品は

販売不可に分類されて、破棄されてしまいます。

 

 

 

こういった商品は、4月1日~9月30日の期間に

FBA倉庫に到着した場合、破棄になります。

食品せどりの特徴

食品せどりは、まだまだ情報があまり出ていないジャンルになります。

 

 

 

本、DVD、ゲーム、ホビー、家電

などのジャンルは、ほとんどの方がやっているジャンルで情報も多々あります。

 

 

 

食品せどりは、最近になって流行ったジャンルになりますので

まだそこまで情報が色々出ていないジャンルです。

食品せどりの仕入れ先

食品は、仕入れ先が本当に沢山ありますので

仕入れが出来るであろうと場所を全て公開します。

コストコ

コストコとは、とても安価で大量買いが出来る

会員制の大型スーパーになります。

 

 

全国的にもあまり店舗はありませんのでいけない方もいます。

 

 

そのため、コストコの商品が欲しい人は

Amazonで購入する人も多く需要があります。

 

 

コストコは、商品数も膨大にあり

食品だけでなく、幅広いジャンルを取り扱いしてます。

ドン・キホーテ

ドン・キホーテは、24時間やっている店舗も多く

副業の方でも利用しやすい店舗です。

 

 

また、非常に安く販売している商品も多いので

優良な仕入れ先になっていきます。

 

 

ドン・キホーテの食品コーナーだけで

数十万円といった金額の仕入れが出来ることもあったりしますよ。

コンビニ

コンビニ限定商品といった、他の場所では

販売していない商品をコンビニのみで販売していることがあります。

 

 

こういった商品は、狙い目で利益が取れることがありますよ。

 

 

特にネットやテレビなどで話題になった商品は

品薄になって、Amazonの販売価格が上がることがありますので

要チェックです。

スーパー

どこにでもあるスーパーでも

食品せどりは、普通に仕入れすることが出来ます。

お土産ショップ

地域限定品などといった

そこの地域でしか売ってない商品を取り扱いしている

店舗は仕入れがしやすいです。

ネットショップ

食品せどりの仕入れ先は、電脳せどりも相性がいいです。

 

 

 

食品は、店舗だけでなくネットショップからも

大量に仕入れすることが出来てしまいます。

 

 

・ヤフーショッピング

・楽天

など

ふつうにどこでも利益を上げることが出来たりします。

食品せどりリサーチ方法について

より具体的に商品の仕入れ方法を知りたい方は

こちらのマニュアルを手に入れてもらえると仕入れには困ることはなくなります。

「ドラッグストア」+「食品せどり」ノウハウ