アマコード無料せどりアプリ

今回は、Amacodeという無料で使えるせどりアプリの紹介をします。

 

現在、私はiphoneを使っていて

店舗でせどりするときは、せどりすとプレミアムという有料ツールを使っています。

 

このせどりすとプレミアムは、かなり使い勝手がいいツールとなるんですが

デメリットとして、買い切り制でなく月額制のツールとなります。

 

費用も決して安くはなく、初月の契約に1万円ほどかかり

更に月額制のため、毎月5400円の支払いが必要なツールとなります。

 

ある程度せどりが出来るのであれば、問題はないのですが

毎月5400円かかるのは、安いとは言えない金額となります。

 

 

かといって、無料で使えるツールはそこまでいい物がない状況でした。

 

 

ですが、今回無料で使えて

ブックオフ、ツタヤ、ゲオなどのインストアコード(店舗専用のコード)が

今まで有料ツールでないと、読み込むことが出来なかった物が

無料ツールで読み込み出来るようになりました。

 

今回、その無料で使えるツールを紹介します。

 

Amacode(アマコード)について

今回紹介するアプリです。

 

無料でインストアコードの読み込みが出来て

モノレートだけでなく、keepaもついてます。

 

せどりすとプレミアムを使ってない初心者の方には

かなりいいツールだと感じます。

 

大型商品の判断もすぐに出来ますし

売れ行きの判断もすぐ出来ます。

 

ビームも問題なく使うことが出来ますので

まず、ビームすら所持していない方は

せどりすとプレミアムにお金使うのではなくて

アマコードを無料で使って、浮いたお金でビームでも購入したほうがいいですね。

 

 

無料なのに、広告もなく普通に使い勝手もいい感じです。

 

 

MWS-API設定をしなくても、使用することが出来ますが

この設定はしておくことをオススメします。

*NWS-API設定をせずに、検索すると処理が遅いです。

 

 

私は、電脳せどりはクロームの拡張機能を使って

無料ツールだけで仕入れしてますが、今後店舗せどりも

有料ツールが必要を使わなくても、無料ツールのみで仕入れ出来るようになっていくかもしれませんね。

 

 

暫く、せどりすとプレミマムとAmacodeを併用して使ってみて試してみます。

それでアマコードのみでいけると思えば、毎月5400円浮きますし

年間で64800円もかかってたツール代が0円になります。

 

 

今回費用はかかりませんので、まずは一度使ってみてください↓

 

 

勘違いしては、いけないのは

あくまでツールは、道具で使う人が

しっかりと使いこなすことが出来なければ意味ありません。

 

道具は、使いこなしてなんぼです。

 

 

ツールを使いこなせるように頑張っていきましょー。

 

/ps

Amacodeを実際に使ってみた感じ

せどりすとプレミアム>Amacode>せどりすとプロ>せどりすと

な感じですね。

 

せどりすとプレミアムは、月額5400円もする有料ツールなんで

使い勝手がよくて当たり前ですが、Amacodeは無料なのにここまで出来るのはいいです。

 

とりあえず、サブツールとして活用することにします。

 

現在でも使用しているノウハウです