ヘルビ(ドラッグストア)、食品などのAmazonカテゴリー申請

 

最近は、昔と比べるとヘルス&ビューティー(現在はドラッグストア)、食品などのカテゴリー申請が通るようになりました。

 

なので、今回はカテゴリー申請について皆が詰まりやすい請求書のところを解説しようかと思います。

 

 

請求書の条件

 

単純に請求書があるだけでは、申請が通らない場合があります。

 

 

 

請求書の条件

・日付が2016年1月1日以降であること

・発行者の連絡先情報(発行者の法人名、住所、電話番号、Eメールまたはwebアドレス)が記載されていること

・出品者の会社名が記載されていること

・出品者の会社の連絡先情報 (発行者の法人名、住所、電話番号、Eメールまたはwebアドレス)が記載されていること

・価格情報は隠すようにしてください(任意)

 

 

このような形となっております。

 

 

 

*注意点

・二付けは90日以内のもの

・数量は4点以上

・レシートや領収書では審査が通らない

・小売店が発行する書類では審査できない

・オンライン業者からの請求書では審査出来ない

 

 

 

請求書をもらうための卸業者探し

 

ここで、皆が引っかかる点は卸業者探しとなります。

 

 

卸業者探しは、タウンページを利用すると探すことが出来ます。

↓クリックでタウンページに飛べます。

i%e3%82%bf%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8

 

 

あとは、近場の地域で卸売りや日用品雑貨卸などで検索するようにしてください。

 

いくつか業者が出てくるはずですおんで

あとは、請求書を発行してもらえるかどうか問い合わせするようにしてください。

 

 

請求書の準備が出来たら、あとはカテゴリー申請をするだけになります。

 

 

100%通るわけではないですが、担当者によって全然違う場合がありますので

少し通らなかったぐらいで諦めずに申請するようにしてもらえたら通るチャンスがあると思います。

 

 

現在でも使用しているノウハウです