お問い合わせはこちらから

LINE@友達追加でAmazonカテゴリー申請マニュアルをプレゼント
電脳せどりの仕入れ先ショップを77サイトを教えます。
LINE@シークレット特典もあります


せどりをするなら、どのジャンルから始めるべきか

 

せどり初心者の方は、どのジャンルから始めたらいいか迷っている方がいるなーって感じましたので

今回、ジャンル選びの記事を書くことにしてみました。

 

 

 

 

せどりのジャンルといえば

本・ゲーム・おもちゃ・家電・CD・DVDなどと色々あるわけですが

仕入れが出来る商品が色々とあるため、逆にどれから始めたらいいかわからないんだよー。っというわけですよね。

 

 

 

では、自分の考えでsがジャンルごとにメリットとデメリットを説明します。

 

 

CDせどり

・メリット

小さくて保管場所があまり必要ではない。

発送料金を安く抑えることが出来ます。

仕入れ値もあまり高くなく、ライバルもあまり多くなく仕入れはそこそこしやすいジャンル。

 

 

・デメリット

発送中にケースが割れることがあります。しっかり梱包する必要があり

現在、出品許可が必要なジャンルになるため出品出来ない人がいる。

 

 

DVDせどり

・メリット

利益額が大きい・・・DVDボックスなどは、高値になりやすいため利益額も結構多く取れる商品もあります。

商品数はあまり多くないため、一度売った商品は覚えやすい。

 

・デメリット

仕入れ単価が高め・・・CDと比べるとやはりDVDは仕入れ値が高めんいなります。

限定品の付属品や特典管理が手間かかる。

DVDも現在出品カテゴリー制限があります。

 

 

本せどり

・メリット

仕入れ値が安く利益率が非常に高い 本せどりの一番の良さは利益率が一番高いです。

 

・デメリット

商品数が圧倒的に多いため、検索する量は一番多くなりがちになります。

 

 

ゲームせどり

・メリット

高回転商品が結構多くあまり在庫になることは少ない。

商品数が少ないため、一度売った商品はすぐに覚えることが出来ます。

 

・デメリット

ゲーム機を仕入れていくと、仕入れ値は結構高めになります。

利益率はそこまで高くないことが多い。

 

 

家電せどり

 

・メリット

ライバルは少なめ

中古をするのでれば、利益率はかなり高い

単価が高いため売り上げを一気にあげることが可能

 

・デメリット

仕入れ資金が豊富でないと、仕入れが出来ない。

大きな商品が多いため、車がないと持って帰るのが大変。

納品の送料が高めになる。

 

 

おもちゃ・ホビーせどり

 

・メリット 

手数料が10%のため、仕入れがしやすい商品が多い

12月は、特におもちゃが売れる

回転はそこそこ速い。

 

・デメリット

箱が大きな商品もあり、そこそこスペースは必要

仕入れ単価は、そこそこ高め

中古品は、検品に時間がかかります。

 

 

ドラッグストアせどり

・ メリット

消耗品のため回転商品が多い

新品しかなく検品が楽

カテゴリー手数料10%のため安め

 

・デメリット

カテゴリー申請を通す必要がある。

出品者急増で一気に値下がりすることがある。売り時を暫く待てば価格が戻りやすい。

 

 

 

まとめ

メリットがあれば、デメリットもあります。

 

 

基本的には、どのジャンルを始めても稼ぐことは出来ますので

どれでも大丈夫です。

 

 

/ps

今日は、久しぶりに外に出て何か遊ぼうかと思いますー(´・ω・`)

勿論ついでに、仕入れが出来るような商品があれば次いで仕入れはしますw

ただし、見ていて飽きがこない自分が興味を持っているジャンルであったほうが商品知識が付くので

自分が好きなジャンルから始めるのが一番いいと思います。

 

「ドラッグストア」+「食品せどり」ノウハウ