自分自身のことを自身を持てるようになろう。

 

自信とは

自分で自分の能力や価値などを信じること。

自分の考え方や行動が正しいと信じて疑わないこと。

 

 

自分自信の可能性を信じることすら、出来ないのであれば

誰が信じてくれるんでしょうか。

 

 

まずは、自信を持って行動するようにしてください。

根拠のない自信でもいいです。

それがいずれ、本当の自信になるように行動出来るようになっていきます。

 

自信を持てるようにするためにしないほうがいいこととは

 

常に考え過ぎる

 

自信の最大の敵の1つは、考え過ぎてネガティブになることです。

ガティブになり、不安になって、すべてが実際よりもはるかに悪く見えます。

考えすぎるのをやめたら、考え過ぎのせいで多く問題が起こっていたことに気付くことになると思います。

 

 周りにネガティブな人がいる

 

ネガティブな人に囲まれているとネガティブな思考になりがちです。

ネガティブな考え方の人は、あなたに何ら良い影響を及ぼしませんので自ら離れていくようにしていきましょう。

 

ネガティブ発言を辞める。

 

ネガティブな発言をしていると、面倒なことが起こるようになっています。

 

信じるかどうかは別ですが、あなたには結末を変える力があるので、どんな時もこれで終わりじゃないと思い出しましょう。

 

 自分は人より頭が悪いと思い込んでいる

 

自分は賢くないと思うよりも、ベストを尽くそうとすることが大事になります。

自信を持つためには、自分自身に「私は成功するのに十分なくらい賢い。、知らないことはこれから学ぶ」と言い聞かせましょう。

どんな人も、自分の知っていることや得意分野では出来るはずです。

自分でそれを認めるだけです。

 

 

過去に生きている​

 

昔は、よかったなどいって現状を変えようとしない。

終わったことは、終わったことです。

できることなら良いことが起こるように、起こって欲しくないことは避けるように、これからやることを決めることはできます。

過去は変えられませんが、今なら変えられると思い行動しましょう。

 

失敗ばかり気にする

 

新しいことに挑戦すると、成功もあるけど失敗もあります。

でも、失敗ばかり気にしても仕方ないです。

失敗してもクヨクヨすんな(´・ω・`)9m

同じ失敗は、2度しないように気をつけるだけです。

 

失敗を数える​

 

失敗すればするほど、成功に近づきます。

自分は、失敗が多いからと思って自分の可能性を諦めず信じてください。

 

 自分を卑下する

 

自分のことをネガティブに話したり、自分を卑下したりするのが、一番自分を貶める行為になります。

自分についてネガティブなことを言っていると、自分ではそれ以上聞くことはなくても、広まっていくことがあります。

自分を否定したり、卑下したりするような発言はしないようにしましょう。

 

他人と比べる

他の誰かと自分を比べている限り、自信を持つことができません。

自分の考え方や行動を信じて、自分のペースで頑張るべきです。

 

 

まとめ

 

自分に自信が持てたら、何でもできます。

自分自身の可能性を信じよう。

自分のこれからの未来を変えるのはあなた自身です。

 

自分は、こういうのにすぐに影響されるんで細かいことは気にしません

自分の好きなことで生きていく(´・ω・`)9m

 

現在でも使用しているノウハウです